プロパンガスの料金について

プロパンガス会社を変更するのに費用はかかる、かからない?

「持ち家」と「賃貸」では事情がちがうプロパンガス会社の変更

 

女性利用者
なんだか料金が高い気がするし、スタッフの対応もあまりよくない。だからプロパンガス会社を変更したいんだけど、ガス会社を切り替えるのに費用はかかるのかしら?

 

まず、この質問について考えるには、状況を分けて考える必要があります。

それは、いまあなたがお住まいになっているお宅が「持ち家」なのか、それとも「賃貸」なのか? ということなのですが、そもそも賃貸住宅の場合は、費用がかかる、かからない以前に、プロパンガス会社の変更自体が難しくなっています。

業界の「闇」の部分です・・・

 

 

賃貸住宅のプロパンガス会社変更には、大家さんの許可が必要です

なぜかというと、大家さんの了承が必要なのと、プロパンガス会社を変更する際は建物全体で切り替える必要があるからです。このあたりの事情は、つぎのエントリーをお読みいただくとよく分かると思います。

【悲報】料金が高くても賃貸アパートのプロパンガス会社は変更できない。

目次1 プロパンガスの料金相談。大半はアパート暮らしの方です2 ガス屋さんに値下げ交渉しても相手にされない3 プロパンガス会社を選べるのは、大家さんだけ3.1 アパートの入居者がガス会社を変更すること ...

【必読】賃貸マンション・アパートのプロパンガス料金値下げ交渉術

目次1 ガス代が高くても、入居者はガス会社を変更できない2 プロパンガスの賃貸アパートでできる節約以外の方法3 一律料金の都市ガスの物件に引っ越す4 プロパンガス料金を安くするための3つの交渉方法4. ...

 

賃貸でも「戸建」なら比較的簡単にガス会社の切り替えができる

このようにアパートのガス会社変更は非常にハードルが高いのですが、賃貸でも一戸建て住宅の場合は、比較的スムーズにガス会社を変更できるケースが多いです。

ガス屋さんを自由に選んでもらっても構わない、入居者に好きに決めてもらっていい、そういう考えのオーナーさんも少なくないので、戸建住宅を借りている方は、一度家主さんに相談してみるといいでしょう。

 

 

持ち家の戸建住宅ならプロパンガス会社の変更費用はかからない

つぎは「持ち家」の戸建て住宅にお住いの方ですが、この場合はプロパンガス会社の変更に関して、原則、お金はかかりません。無料で切り替えることができます。

ただ、なぜ「原則」としたかというと、一部例外があるからですね。こちらのエントリーを参考にしていただければと思いますが、

建売住宅でプロパンガスの無償配管!? 違法じゃないけど気をつけて

こんにちは、GASUMOです。 気になっている建売住宅 があるんだけど、そこがプロパンガスということで迷っていたりしませんか? ガスは私たちの生活に欠かすことにできないライフラインですし、都市ガス、オ ...

 

無償配管といって、ガス設備をガス屋さんから借りている契約になっているケースがあります。建売住宅などでよくあるのですが、ガス会社と10年ないし15年ほどの契約を結んでいて、その場合、契約の期間が終了するか、もしくはガス設備や工事の代金を清算しないといけません。

ですから心配な方は、いまご利用になっているガス会社と「無償貸与契約」を結んでいないか、契約内容を確認されることをおすすめします。

 

 

プロパンガスは自由料金なのに、使うガス会社を選べない?

それ以外の一般のお宅、ガス屋さんと無料貸与契約等を結んでいないご家庭では、プロパンガス会社の変更にお金がかかることはありません。切り替えの工事費も無料ですし、連絡をいただいてから1週間から10日もあれば、ガス会社の変更が完了します。

ちなみに、実際の切替工事にかかる時間は「30分程度」です。

 

というか、そもそもプロパンガスという商品自体が「自由料金」なのですから、購入先を変更するのに費用がかかる時点でおかしい、ということになります。

自由価格というのは、文字通り、それぞれのガス会社が自由に値段を決めて販売しているということにほかなりませんから、当然消費者もどこの業者からガスを購入するのか自由に選べなければおかしいのです。

 

なのですが、

 

そんなおかしな状況になってしまっているのが、アパートの入居者や無償貸与契約を結んでいる家主さんなんですね。なぜなら「プロパンガスは自由料金なのに、使うガス会社を選べない」ということになってしまっているので。

ガス屋さんが自由に販売価格を決めているのに、料金が高くても業者変更できないとか、おかしいじゃないですか。 だから無償配管なんてものは今すぐ撤廃するべきなんですが、よくない慣習として今も残ってしまっているのが現実です。

 

 

まとめ

プロパンガス会社の変更は無料でできます

ということでまとめますと、プロパンガス会社を変更するのに費用は一切かかりません。ですから、現在ご利用になっているガス会社の料金が高かったり、サービスに不満があるのであれば、お金をかけることなく安いガス屋さんに切り替えることができます。

ただ、今日電話をもらって「いますぐ変更したい」というのはさすがに無理ですので、多少余裕をもってご相談いただければと思います。

覚えておこう!プロパンガスの1週間ルール(液石法)

目次1 液化石油ガスの「1週間ルール」とは何ぞや?2 消費者の解約通知から「7日以内」に設備を撤去する3 プロパンガス会社の「即日切り替え」はできない4 入居開始日まで2週間くらいの余裕をもってご連絡 ...

戸建を賃貸している方は、大家さんの許可さえもらえればガス会社を変更できるケースが多いので、比較的スムーズですし、切り替えの際に費用がかかるということもほぼありません。

 

ガス屋さんを切り替える手続きの流れ

具体的なプロパンガス会社の変更方法、現在ご利用になっているガス業者を切り替える流れについては、こちらのエントリーを参考にしてください。

プロパンガス会社の切り替え、業者変更の方法、解説します。

目次1 料金の安いプロパンガス会社に切り替える方法2 えっ、高いガス代で「損」してる?3 ガス会社を変更すると、どのくらいガス代を節約できるの?4 プロパンガス業者を変更する流れ4.1 お問い合わせ4 ...

続きを見る

簡単に流れだけ説明しますと、(1)お問い合わせ → (2)安いガス会社のご案内 → (3)ご説明 → (4)切り替え という感じです。

料金の安いガス会社に変更が完了するまでの期間としては、だいたい1週間から10日くらいを見ておいていただければ間違いありません。ちなみに切替工事自体はおよそ30分で完了します。

 

アパートなどの集合住宅の場合は、費用がかかるかからない以前に、そもそも論として「プロパンガス会社の変更自体が簡単ではない」という現実があります。ハードルは高いです。

ですが、完全にムリかといえばそうでもありません。可能性はありますので、行動力のある方はガス会社の変更に向けて動いてみてください。

高すぎるアパートのプロパンガス会社を変更・切り替える方法とは?

目次1 アパートの入居者はプロパンガス会社を選べない1.1 指定されたガス会社を使うしかない2 アパートのプロパンガス会社を変更するための正攻法とは?2.1 ガス会社の選択権を持っているのは大家さん3 ...

 

ガス代を節約したいなら「単価」と「使用量」を見る

一人暮らし賃貸アパートのプロパンガス節約術 でも話しましたが、ガス代を節約する方法というのはすごくシンプルで、「単価の安いガスを使う」「ガスの無駄遣いを減らす」の2つしかありません。

従量単価の安いガス屋さんと契約し、使用量を減らせば、簡単にガス代を節約できます。

 

ただ賃貸住宅の場合は、どうしても「単価の安いガスを使う」のが難しいため、片手落ちではありますが、お風呂の入り方等を工夫して、ガスの使用量を減らしましょうとご提案しました。

一方、戸建住宅にお住まいであれば、従量単価と使用量、両面からアプローチすることができるので、十分にガス料金のコストダウンを実感できることでしょう。

まあそこまで無理して節約に励まなくてもいいのですが、料金の高いガス屋さんと、安いガス屋さんがあったら、だれでも「安いほう」を選ぶと思いますので。

 

高いプロパンガスで、ずっと損してるかも知れない。

ひとつの例を見てみましょう。
ある町に「Aさん」と「Bさん」という2つの家族が暮らしていました。

AさんとBさんはお隣同士で、越してきた時期もほとんど同じなのですが、2つのお宅にはひとつだけ「大きな違い」がありました。

それは、Bさんの家で契約しているガス料金がとても高いこと。

 

Aさんの家と比べると、なんと単価が2倍も高いのです。

そのためBさんちの奥さんは「ガス代が高くて困るのよ~」というのが毎日の口癖のようになっていました。

 

具体的に数字を入れて計算してみましょう。

AさんとBさん、それぞれ基本料金は1,500円で、平均して毎月15m3ほどプロパンガスを使用するとします。増税されましたから消費税は10%です(涙)

違うのは単価だけで、Aさん宅で使用しているガスの従量単価は300円、それに対してBさん宅は、その倍の単価600円のLPガスを購入していました。

 

そうしますと、それぞれの年間のプロパンガス料金は、このようになります。

Aさん:79,200円
Bさん:138,600円

その差はなんと 59,400円

 

お隣に住んでいる、引っ越してきた時期もほとんど同じ、なのに高いガス屋さんと契約していたため、Bさんは年間で約6万円もガス代を損していたのです。

6万円って大きいです。すごくもったいないですよね。

 

これ逆に、1年で気が付けばまだラッキーなほうで、大抵は料金が高いことを知らずに(もしくは知っていても何もすることができずに)5年も10年もそのままだったりしますから、かりに5年間気が付かないままだったとしたら、30万円も損をし続けたという計算になります。

これが料金が高い、単価が高いプロパンガスを使うことの弊害です。

 

料金の安いガス会社をお探しならプロパンガスセンター

ガス屋さんの調べ方については、料金を比較して安いプロパンガス会社を選ぶ でもお伝えしましたが、自力でガス会社を調べて問い合わせていくことも可能です。

ただ、ほとんどの方にとっては、家の近所にどんなガス屋さんがあるのかすらよく分からない、というのが現実だと思いますので、面倒だと感じたら、私たちプロパンガスセンターにご相談いただくのが吉です。

お電話一本で地域最安料金のガス会社に変更できるほか、価格保証もお付けしているので、ガス会社都合による不当値上げの心配もありません。

関連ページ単価280円~地域最安料金のプロパンガス会社をご案内【プロパンガスセンター】

 

メールでのお問合せはこちら

 

-プロパンガスの料金について

Copyright© GASUMO(ガスモ) , 2019 All Rights Reserved.