店舗業務用のプロパンガス

光熱費を削減したい!ラーメン屋のガス代を節約する「確実」な方法とは?

電気・ガス・水道…ラーメン屋さんは光熱費がかかります

こんにちは、GASUMOです。
今日はラーメン屋さんのガス代削減について。

わたしもラーメン大好きです^^
1日に100杯以上売れるラーメン屋さんは繁盛店だといわれるそうですが、やはりネックとなるのは「光熱費」ですよね。

美味しいラーメンを提供するためには、電気代、ガス代、水道代がとにかくかかる。

 

「火」を一日中使うから、ガス代が10万円を超えるケースも

ラーメン屋さんですから、とにかく「火」を使わないと話になりません。

まずスープの仕込みに何時間もかかるし、豚骨ラーメンであれば10時間以上煮込むことも珍しくないでしょう。

さらに必須なのは「麺の茹で」。お客さんに備えて、麺を茹でるためのお湯をアツアツの状態でキープする必要がある。しかも場合によっては何個口も。

 

もっというと、お客さまには熱々の美味しいラーメンを提供したいのに、夏場は室内を冷房しなければならないので、温めてるんだか冷やしてるんだかという感じで、エアコン代もかさみます^^;

ですからきっと、節約できるところは節約したいし、なるべく経費は削減したいとお考えなんじゃないかと思います。ムダな費用は1円でも少ない方がいいですからね。

 

 

プロパンガス会社を見直しませんか?

節水する工夫をしたり、業務用冷蔵庫をより省エネタイプのものに替えたり。

光熱費削減の方法はいろいろ考えられますが、そのなかでも、もっともシンプルで、しかもまったくコストがかかならい経費削減法として、わたしたちは「プロパンガスの見直し」をご提案します。

 

プロパンガスの見直しというのは、具体的に言うと、

「より料金の安いプロパンガス会社に変更して、毎月のガス代を節約しませんか?」

というお話になります。

 

ガス代、このくらい節約できます

お店の規模やスタイルによって使用量はまちまちだと思いますが、ここでは仮に「月間300m³ほどプロパンガスを使用する」として試算してみましょう。

 

ガス会社変更前

基本料金 1,500円
従量単価 360円
月間使用量 300立米

ガス代=118,260円

ガス会社変更後

基本料金 0円
従量単価 280円
月間使用量 300立米

ガス代=90,720円

 

その差、27,540円。

月額で2万7千円のガス代節約。単純計算で年間換算すると、約33万円ほどコストを削減できる計算になります。(※もっとお安くできるケースもあります。)

 

年間33万円のコストダウン。

 

もしかするとあなたにとって、33万円というのは大した金額ではないかもしれません。でもこれがもし、「電話一本で」で、しかも「完全無料」で可能なのだとしたら? やってみる価値があると思いませんか^^

切替工事にかかる時間は30分~1時間程度なので、お店の営業に支障をきたすこともありませんし、逆の見方をすれば、今のまま放っておくと毎年30万円ずつ損害を出し続ける、とも言えます。5年経ったら150万円の損です。結構バカにならない金額ですよね。

 

 

プロパンガスセンターにご相談ください

ムダな経費の削減、ガス代の節約に興味のあるラーメン店オーナーの方は、わたしたちプロパンガスセンターまでお気軽にご相談ください。お力になります。

関連ページ安いLPガス会社をお探しならプロパンガスセンター

 

その際、直近のガス検針票をお手元にご連絡いただきますと、よりスムーズです。

お電話の場合は、フリーダイヤル「0120-664-505」をご利用ください。(※10時から22時まで営業しております。)

また深夜早朝の時間帯は、24時間ご利用可能な「お問い合わせフォーム」をお使いになってください。

-店舗業務用のプロパンガス

Copyright© GASUMO(ガスモ) , 2019 All Rights Reserved.