GASUMO(ガスモ)公式サイト。GASUMO(ガスモ)は、高いプロパンガス料金でお困りの方、安くて信頼できるガス会社を探している人のためのLPガス専門ブログです。

GASUMO(ガスモ)

 0120-664-505

営業時間 10:00 ~ 22:00

戸建住宅のプロパンガス

一戸建ての中古物件を買ったけど、プロパンガス契約どうしたらいいの?

更新日:

中古住宅を購入したので、プロパンガス会社と契約したい

一戸建ての中古物件を購入したんだけれど、ガス屋さんとの契約をどうしたらいいか分からない、という方もいらっしゃるでしょう。

引越の準備やらなにやらでバタバタして、最後の最後に「あっ、ガスどうしよっか?」となるケースも少なくないと思うのですが、もしお時間的にゆとりがあるのであれば、プロパンガスのことも頭の片隅に入れておき、引っ越しの準備と同時進行されることをおすすめします。

 

 

入居のタイミングで料金の安いガス会社を選ぶべし

まずシンプルに「ガス会社を選定して、開栓するだけ」というケースですが、前のオーナーさんが契約していたプロパンガス会社をそのまま使うのはよくありません。なぜなら、プロパンガスは「自由料金」だからです。

お風呂を沸かしたり、料理をしたり、これから毎日使うわけですから、入居のタイミングで料金の安いガス会社と新しく契約するべきでしょう。

ココがポイント

契約するガス会社は自分で選ぶ

プロパンガスは自由料金!だから販売価格はガス会社が自由に決めてます

目次1 プロパンガスは私たちの生活に必須のライフライン2 公共料金じゃないライフラインもある3 自由料金のプロパンガスは、ガス屋さんが自由に価格を決めています4 いつも届くのは「値上げ通知」ばかりなの ...

 

手前味噌になりますが、全国のプロパンガス会社が探せる「まちがす」というサイトがあるので、こういうwebサイトを使ってご自身で探されても構いませんし、どうやってガス会社を選んでいいか分からないということであれば、プロパンガスセンターまでご連絡いただければ、私たちがお力になります。

ガス代を地域最安値にするならプロパンガスセンター【料金保証付き】

目次1 すごく身近なのによく知らない… それがプロパンガスです1.1 プロパンガスは自由料金の商品です1.2 有名シェフがわざわざ買付にくる農家こだわりの無農薬野菜2 料金が安くて、かつ、信頼できるガ ...

 

 

現在のガス会社名を確認しておく

ただ、ご連絡をいただく際にひとつだけお願いしたいことがありまして、いま現在建物に設置されている「ガスボンベ」「メーター」だけ確認していただきたいのです。

ガスボンベに関しては大抵のケースではすでに撤去されていますが、まれに残っている場合もあるので、その場合はボンベに記載されている「ガス会社名」をお知らせください。メーターも同様で、ガス会社名をご確認の上、それをお知らせください。

ココがポイント

ガスボンベ or ガスメーターに記載されている「ガス会社名」を確認する

 

なぜガス会社名の確認をお願いするかといいますと、現在設置されているガス会社によって、ご案内できる新しいガス会社が変わってくるからです。なので、いま設置されているメーターやボンベがどこのガス会社のものであるかご確認いただき、ご相談いただいた際にそれをお知らせください。

近場の引越だったらいいですが、遠かったりすると入居までなんども建物の確認には行けないというケースもあるでしょうから、少ないチャンスを活かして現在の業者名をチェックしておいてください。

もし、もう入居まで物件の確認には行けない、ということでしたら、仲介してくれた不動産業者に問い合わせれば教えてくれるかも知れませんので、不動産屋さんをあたってみてください。

 

できたら入居の「2週間前まで」にご連絡ください

現在のガス会社名がわかりましたら、わたしたちプロパンガスセンターまでご連絡いただければ地域最安値のガス会社をご案内できるので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連ページプロパンガスセンターとは?

 

ただ「プロパンガスの1週間ルール」というのがありますので、すこしゆとりをもってお問い合わせいただけると嬉しいです。目安として、入居の10日から2週間前くらいまでにご連絡いただければ十分に間に合います。

覚えておこう!プロパンガスの1週間ルール(液石法)

目次1 液化石油ガスの「1週間ルール」とは何ぞや?2 消費者の解約通知から「7日以内」に設備を撤去する3 プロパンガス会社の「即日切り替え」はできない4 入居開始日まで2週間くらいの余裕をもってご連絡 ...

 

 

中古物件の給湯器やお風呂場をリフォームしたいとき

つぎは「リフォームもしたい」というケースです。中古住宅ですのでガス機器が古くなっていることもあります。なので給湯器やお風呂場などをリフォームしてから住みたいんだけど、というときですね。

まずリフォームの相談に関しては「相見積もり」でいいでしょう。気になるリフォーム業者さんを何社が選定して、見積もりを出してもらい、それらを比較検討しましょう。もちろん給湯に関してはガス業者の専門分野ですから、私たちもお力になれます。

なのでリフォーム業者2社と、私たちプロパンガスセンターがご案内するガス会社1社、これら計3社から見積もりをとって、一番条件のいいところを選べば間違いないでしょう。

 

無償貸与契約には気をつけて

このときひとつだけ注意したいのは「工事代金は清算すべし」ということです。

これどういうことかといいますと、ご自身でガス会社を探されたとき、「うちのガスを使ってもらえれば、給湯器の本体、取付工事費、配管料、これらすべてを無料で提供します。」という提案をしてくるケースがあるのですね。

ココがポイント

無償貸与には気をつける

 

で、無料になるんだったらいいじゃないかと思うかもですが、これは「無償貸与契約」といって、ガス会社を自由に変更できない「しばり」を作ることになるので、正直あまりおすすめできません。

プロパンガスの契約は?中古住宅を購入するときに気を付けたいこと

目次1 マイホームは夢。ピカピカの新築に憧れはあるけれど2 30%、40%は当たり前?ハウスメーカーや工務店の利益のはなし3 中古住宅を買うときはプロパンガス会社との契約を確認する4 再生住宅のプロパ ...

 

プロパンガスは、ガス会社が好きに価格設定して販売していい自由料金の商品です。その自由料金のプロパンガスを使うにあたって、ガス会社の選定が自由にできないというのは、かなりのストレスになります。だって、料金が割高だったとしても、そのガス会社を使い続けるしかないわけですから。

ですので、給湯器や工事代金を全額負担するといわれたら、よく検討するようにしてください。無償貸与は魅力的に聞こえるかもしれませんが、かかった工事代金はしっかり清算した方が、あとあとのことを考えると気持ちがいいはずです。

 

-戸建住宅のプロパンガス

Copyright© GASUMO(ガスモ) , 2019 All Rights Reserved.