戸建住宅のプロパンガス

プロパンガス会社から違約金を要求された、どうしたらいい?

戸建住宅のプロパンガス会社を解約・変更したい

こんにちは、GASUMOです。

今回は先日の プロパンガス解約 に関連したエントリーなのですが、あの記事がアパートなどの賃貸住宅、集合住宅にお住まいの方を対象にしているのに対し、こちらは戸建住宅の方向けの内容となっています。

さらにいうなら「建売住宅あるある」ですね。

 

【建売あるある】プロパンガスの無償配管

プロパンガス会社から違約金を請求される。

これがどんな状況で起こるかというと、一戸建てにお住いのオーナーさんが、プロパンガス会社を変更 しようとしたときです。

 

もしかすると記憶にないかも知れませんが、おそらく家を購入した際に、重要事項説明などに紛れて、ガス屋さんとも契約を結んでいるはずです。

不動産の売買契約でバタバタしていて、ガスの契約の話はさらっと聞き流してしまったかもですが、おそらく、いまお使いになっているガス会社との間で「貸与契約書」のようなものにサインをしています。いわゆる LPガスの無償配管 とか 無償貸与 というものですね。

 

 

プロパンガス会社と貸与契約を結んでいませんか?

どういうことかというと、お家を建てるとき、プロパンガスを使用するにあたって、建物内にガスの配管をする必要があります。そこにはもちろん、材料代や技術者の人件費などがかかるわけですが、

「その費用はガス会社負担ということにしますから、代わりにウチのガスを使ってくださいね、15年間。」

というようなお約束をしてしまっている可能性が高いです。

 

ガス屋さんは設備費用を自己負担しています

ガス会社としては、いわば投資です。

10年とか15年とかかけて回収する予定だったわけで、それが守られないのであれば、残存代金を清算してください。ということなんですね。

ガスの配管自体は、オーナーが買い取るのであれば10万円しないくらいの工事なのですが、これが無償貸与ということになると15万とか、20万近く請求される場合もありますし、給湯器などのガス設備も合わせて貸与になっているケースもあります。

 

ガス設備は販売元が清算するか、オーナー買取にすべきもの

これは、大元とたどるのであれば、家を販売していたハウスメーカーとか、工務店が負担するのが筋の費用です。

だってあなたは、お庭も建物もなにもかも、お家を丸ごと購入したのであって、そこに第三者からの借り物がある、ガス屋さんから借りてるものがあるなんて、気分悪いじゃないですか。

ですから工務店はガス工事にかかった費用を上乗せして販売する、もしくは、施主であるオーナーにガス会社を選んでもらって、オーナー買取で配管工事を行う、というのが本来のスマートな形と言えます。

 

 

【結論】プロパンガスの違約金はどうする?

ですが、

それはもう過ぎた話です。

 

貸与ということでガス屋さんと契約してしまっているのであれば、そのお約束を守らなければなりません。となると、選択肢は2つに絞られます。

  1. いまのガス会社を使い続ける
  2. 違約金(残存代金)を清算して、ほかのガス会社に切り替える

この2つです。

 

自由料金なのに貸与契約の縛りがあるって、どうなの?

残存代金がいくらなのか? というところにもよりますが、本来、プロパンガスの貸与契約というもの自体がナンセンスなお話です。

だって、その契約を結んでしまったら、10年とか15年とかの縛りを生むわけです。

都市ガスだったらいいですけど、プロパンガスですから。自由料金ですから。

 

たとえばなんですけど、近所にすっごい安いガソリンスタンドがあったとして、お店があることも料金が安いことも知ってるのに、そこでガソリンを給油することができない。

いつも使ってるガソリンスタンドの方がリッターあたり20円も高いのに、そこからしか買えない。

 

みたいな感じです。

業者がいくらの値段をつけて販売してもいいプロパンガスを、その決まったお店からしか購入できないなんて、すごく窮屈ですよね。

 

残存代金を清算したほうが確実にスッキリします

ですから精神衛生上いいのは、気持ち的にすっきりするのは、断然「2」です。

違約金(残存代金)を清算して、ほかのガス会社に切り替える

 

違約金さえ支払ってしまえば、あとはシンプルに「好きなガス会社」を選べます。

プロパンガスは自由料金です。ガス屋さんによって販売価格がちがうし、ガス会社同士も競争してますから、利用者、消費者としても、安くて信頼できる業者を選べばいいのです。

 

違約金を払えないなら価格交渉するしかない

言いたいことは分かる。

ただ、残存代金がまだ10万円以上あるんだ…

 

というのであれば、いまお使いになっているガス会社に価格の相談をするのも手です。アパートだと 料金の値下げ交渉 が成功する可能性は低いですが、戸建であれば交渉の余地はあるでしょう。

 

配管工事代を清算して他社に切り替えられる心配があるので、ガス会社もある程度、値下げ交渉に応じてくれるかも知れません。

地域最安とはいかなくても、そこそこのところで折り合いが付けば(納得できれば)、いくらか価格を見直してもらったところで妥協して、残りの契約期間、そこのガス会社を使い続ける、というのもありでしょう。

 

再生住宅もLPガスの貸与契約、多いです

最後にひとつ付け加えておきますと、プロパンガスの貸与契約っていうのは建売だけじゃなくて、中古の再生住宅でもよくあります。たとえばカチタスとかですね。

どこまでガス会社負担になっているかは定かではありませんが、なんらかの設備が貸与契約になっていることはほぼ間違いないでしょう。

ですのでもし、中古住宅の購入を検討している方がこのページをご覧になってましたら、このあたりの事情も踏まえたうえで、お話を進められると良いかと思います。

 

-戸建住宅のプロパンガス

Copyright© GASUMO(ガスモ) , 2019 All Rights Reserved.