戸建住宅のプロパンガス

【格安給湯器】買い替え前に知っておきたい値段が安い給湯器の入手法

こんにちは、GASUMOです。

給湯器をできるだけ安く買い替えたい…。どの家庭でも費用を抑えて安く買いたい気持ちは同じですよね。実はネット環境さえあれば、給湯器を格安で買い替えられることをご存知でしょうか。

そこで今回の記事では、給湯器を安く買うコツについて詳しく解説します。格安で買い替える手順も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

給湯器を買い替えるにはいくらかかる?相場は?

「安く給湯器を買い替えたい!」その気持ちは痛いほどわかります。とはいっても、給湯器の買い替えにはどんな費用がかかるかご存知でしょうか。

給湯器を買い替える際には、

  • 給湯器本体の費用(相場:5〜40万円)
  • 工事費用(相場:3〜5万円)

が必要です。以下、それぞれの費用について詳しく解説しますね。

 

給湯器本体の費用はタイプによって変わる

給湯器本体の費用はタイプによって違うので、相場がわかりにくいのも事実です。

給湯器の本体に必要となる費用は、

  • 給湯器の大きさ
  • 給湯器のタイプ
  • リモコンの有無

などによって変わります。まずはどんな違いがあるのか、それぞれチェックしてみましょう。

 

給湯器の大きさ

給湯器本体の費用は、取り付ける給湯器の大きさで変わります。

一般家庭で使われる給湯器であれば、

  • 16号:1〜2人用でシャワーを使うと他でお湯がでない
  • 20号:2〜3人用でシャワー + 1箇所でお湯が使える
  • 24号:3〜5人用でシャワー + 2箇所でお湯が使える

この3種類の大きさから選ぶことが多いですね。違いは、給湯器のパワーやお湯を供給する能力です。

なので、ご自宅に住むのがご夫婦だけなら20号がベストですし、別の場所でお湯を同時に使うご家庭なら24号を選ぶことになりますね。

もちろん大きくなるほど料金が高くなりますが、寿命はそこまで変わらないでしょう。不便なく使える大きさを選んでみてください。

 

給湯器のタイプ

給湯器は、

  • 従来型:一般的なガス給湯器
  • エコジョーズ:効率のいいガス給湯器だが導入費用が高い
  • エコキュート:電気だけを使う給湯器だが導入・修理の費用が高い
  • エコワン:電気とガスを使うハイブリッド給湯器だが導入費が高い

といったタイプに別れています。

エコワンは最近できた技術で、もっとも効率的に給湯器を使えます。しかし、データが少ないので寿命や故障率が明確になっていないこともあり、リスクがあることも否めません。

そのため、一般的にはエコジョーズを利用する家庭が多いですね。また、ソーラーパネルなどで自家発電できるご家庭であれば、エコキュートがおすすめです。

 

リモコンの有無

給湯器にリモコンが付いているかどうかで、本体の費用が変わります。

リモコンは台所とお風呂場の壁に設置することが多く、浴槽にお湯を張ったり温度を調節したりするときに使います。また最近では、台所とお風呂場での通話や健康状態をチェック、高齢者のヒートショックを防止する機能もあります。

 

リモコンのお湯を溜める機能には、

  • オート:ボタンでお湯が溜まり、自動的に止まる
  • フルオート:オートの機能に加え、常に一定量のお湯と温度を保つ

の2種類があり、フルオートの方が優秀な機能が付いていますが、費用が高いです。

 

ただし給湯器のリモコンは、テレビのリモコンと違って互換性がないので、何を使ってもいいわけではありません。

既にリモコンが付いていて支障なく使える家庭でも、給湯器を買い替えるときには変更が必要なのことを覚えておいてくださいね。

 

工事費用

工事にかかる費用の内訳は、

  • 給湯器の取り付け・取り外し
  • 給湯器の撤去または処分
  • リモコンの取り付け・取り外し(あれば)

などがメインですね。工事費用の相場は、3~5万円が妥当でしょう。

 

もしかすると「工事の費用を抑えるため自分で取り付けたい」という人もいるかも知れませんが、給湯器の取り付けを誤るとガス漏れの原因になる可能性があり危険です。給湯器の交換は専門の業者に依頼しましょう。

しかしながら、工事費用を水増しして多く取ろうとする会社があることも事実です。指摘せずに工事を依頼してしまうと、見積もりよりも高い金額を請求されることもあるので注意が必要です。

工事の見積もりは、期間や内訳をしっかり明記してもらい、不正がないようしっかりと確認してくださいね!

 

 

給湯器を買うときは見積書と保証期間を要チェック!

給湯器を買うときには、必ず見積書と保証期間をチェックしましょう。

前述したとおり、見積書には内訳をしっかり記載してもらい、必ず目を通してください。気になる項目があれば、買い替える前に問い合わせて解決することで、思わぬトラブルを避けられます。

また、給湯器本体や取り付け工事の保証期間も合わせてチェックしましょう。もしかすると、買い替えてから数ヶ月後に不具合が起こるかもしれません。保証期間内であれば無料で点検してもらえますし、新しい給湯器に替えてもらうこともできます。

給湯器の保証期間は1〜3年が多く、工事については10年の保証を設けている会社も少なくありません。

安心して給湯器の買い替えをするためにも、「見積書」「保証期間」は事前にしっかりとチェックしましょう!

 

 

給湯器を安く買う手順

と、ここまでは給湯器を買い替えるにあたり、必要最低限の情報を紹介しました。ですが、もっとも知りたいことは「どうすれば安い給湯器が買えるのか」ですよね。

給湯器を安く買う手順は、以下のとおりです。

  • 購入する給湯器の大きさとタイプを決める
  • 給湯器を設置する場所を撮影する
  • ネットから見積もりを依頼する
  • 見積もりを比較して価格交渉する

これだけで買い替えるまでの期間を短縮できますし、無駄な費用を減らしやすくできるので試してみてくださいね。まずは、それぞれの手順を詳しく解説します!

 

購入する給湯器の大きさとタイプを決める

まずは、購入する給湯器の大きさとタイプを決めておきましょう。利用する人数や予算に合わせて購入する給湯器の候補を洗い出します。

給湯器の大きさやタイプが決まっていないと、業者側が提案する条件のまま話が進み、予算を超えてしまう可能性が高いです!事前に購入したい給湯器の候補をいくつか決めておくと、条件の範囲内で話を進めることができますよ。

 

給湯器を設置する場所を撮影する

正確な見積もりを依頼するためにも、給湯器を設置する場所を撮影しておきましょう。給湯器を設置する場所によって、工事の費用や日数に違いがあります。予算が変わったり工事の日程が変わったりすることは、トラブルにつながりやすいです。

スマホでの撮影でも大丈夫なので、

  • 現在の給湯器の品番
  • 給湯器全体(配管含む)
  • 給湯器の設置場所(引きの全体写真)

といった写真を準備しましょう。

 

ネットから見積もりを依頼する

ネットから見積もり依頼をしましょう。ネットを使えばどこにいても見積もり依頼ができますし、相見積もりもしやすいです。見積もりを依頼するなら、給湯器の交換を専門にする会社がおすすめですね。

たとえば、給湯器メーカーに依頼した場合、買い替え前にご自宅の点検が必要になりますし、見積もりをもらうまでに時間がかかります。

またホームセンターでは、購入前と契約時に直接出向かなくてはいけません。また現地調査をしてから見積もり作成となるので買い替えるまでの期間が曖昧になってしまいます。

一方、給湯器の交換を専門とするネット業者の場合、24時間いつでもどこでも見積もり依頼が可能です。時間を取られることはありませんし、変な気を使わずに見積もりをお願いできますよ。

 

見積もりを比較して価格交渉

いくつかの業者に見積もりを依頼し、返答がきたら価格の交渉をします。

少し話がズレますが、みなさんは電気屋さんで価格の交渉をしたことはありませんか?テレビや冷蔵庫、エアコンといった高価な家電製品を買うときには、お店のスタッフさんに「もう少し安くならない?」と尋ねた経験がある人は多いと思います。

実際に安くしてもらった!なんてこともザラにありますよね。これって実は、給湯器でも同じことができるんです。

 

話を戻しますが、複数の業者に同じ条件で見積もりをした場合、一番安いところを選ぶのは当たり前です。ですが、どこの業者も「自社で買ってほしい!」となるので、再び価格を下げた見積もりを出してきます。

実は、これが給湯器を一番安く買う方法なんです!

 

本体の料金を下げても工事の費用が高ければ、安くしてもらった意味がありません。この逆も同じです。

つまり、給湯器を買い替える際にかかる合計の費用を見積もりの段階で比較することで、もっとも安い金額を提示してもらえます。

たくさんの業者に見積もりを取るのは面倒と感じるかもしれませんが、ネットから見積もりを依頼すれば簡単に相見積もりできるので、費用を比較するのが楽ですよ。

 

 

給湯器を安く買うならネットが一番!見積もりを比較しよう

今回の記事では、給湯器を安く買う方法について解説しました。

給湯器を買い替える費用は、本体の大きさやタイプによって変わります。また、取り替え工事にも費用が発生することも忘れてはいけません。格安で買い替えたいのであれば、ネットから見積もり依頼ができる給湯器交換を専門にする会社にお願いしましょう。

いくつかの業者に依頼することで、簡単に費用を比較できますし、格安で買い替えを依頼できます。そのためにもまずは、どんな給湯器が必要なのかをチェックして、予算を決めてみることから始めてみてください!

 

-戸建住宅のプロパンガス

Copyright© GASUMO(ガスモ) , 2020 All Rights Reserved.