プロパンガスの料金について

ガス代が異常に高い!そんなにプロパンガス使ってないのに。

使ってないのにプロパンガスが異常に高い

こんにちは、GASUMOです。

今回はガス料金に関するエントリーです。そこまで使ってないはずなのに、ガス代が高い、それも異常に高い、という方に向けた記事になります。

あくまでも、自分ではあまりガスを使ってる感覚がないのに、請求されるガス代がすごく高い、ということなので、ほんとにまったく使ってない、完全に使用量ゼロなのに請求書が届いた、とかいうのは、また別のお話になります。

プロパンガスを使用しているけれども、無駄遣いしているわけでもなく、どちらかといえば節約を心掛けているつもりなのに、毎月のガス代が異常に高い、というケースですね。

 

 

ガス代は「従量単価」と「使用量」で決まる


では早速、ガス代が高い原因を探っていきましょう。

とはいっても、ガス料金って、そんなに難しい計算をしているわけではないですから、必然的に要因は絞られます。

一応、ガス代の計算式を確認しておきましょう。

 

ガス代 = { 基本料金 + ( 従量単価 × 使用量 )} × 消費税

 

すごくシンプルな式ですよね。

で、とりあえず、基本料金と消費税はいったん脇において見てみると、ガス代を構成する要素って、「従量単価 × 使用量」、もうこれしかないわけです。

 

従量単価っていうのは、プロパンガスの単位量あたりの価格 のことです。単位量というのは1m3、1立方メートル(リッポウメートル)とか、1立米(リュウベイ)とかいいますが、この単位量当たりの値段が、従量単価です。

ガソリン1リッターあたり、150円というのと同じです。

で、もうひとつの使用量は、そのまま「使った量」ですね。プロパンガスを何立方メートル使ったのか、ということです。

 

使ってないのにガス代が高いなら従量単価が高い

で、最初に戻りたいのですが、自分ではそこまでプロパンガスを使っている意識はないし、というか、どちらかというと節約を心掛けているくらいなのに、ガス代が高い、それも異常と思えるくらい高い。

ということになると、考えられる原因は、ひとつに絞られます。

 

従量単価が高い

です。

 

あなたが購入しているガスの単価が高いのです。それも異常だと感じるくらいに。
あまり使っていないのにガス料金がすごく高いのだとしたら、原因はこれ以外に考えられません。

すぐに購入単価を調べるべきです。
料金診断 をしてもいいでしょう。

 

 

ガス代が高いと感じるようになったタイミングはいつ?

もうひとつ、別の角度から見てみると、ちょっと違った見方ができるのですが、それは、ガス代が異常に高いと感じるようになった「タイミング」です。

あなたはいつから、ガス代が高いと感じるようになったのでしょうか? 今のお住まいには、ながく住んでいるのでしょうか? このあたりがポイントになります。

 

引っ越したばかり


じつは、最近引っ越したばかりだったりしませんか。引っ越したということは、別の土地から移住してきたわけで、当然、いま契約しているガス屋さんは以前のところとは異なるはずです。

新しい土地で新生活をスタートさせた。プロパンガスも近所の燃料店を利用することになった。するとガス代が異常に高い。

となると、原因はここです。

 

新しく契約したプロパンガス会社の販売価格(単価)が高い

 

今までと同じような生活スタイルを送っていて、ガス会社が変わったことでガス代が高くなったのであれば、原因はそこにある可能性が高いですね。

 

値上げの通知が来ていた

いまの家にはもう10年以上住んでいる。生活スタイルもそんなに変わってないけれど、そういえば、値上げの通知が来ていたような気がする。ということはないですか。

検針票に小さく記載されているだけだったので、値上げされたことを見逃してしまったのかもしれません。

ともかく、住んでいる場所も同じ、契約しているプロパンガス会社も同じ、生活スタイルも同じ、という状況にもかかわらず、ガス代が高いと感じるようになったということは、料金を値上げされている可能性が高い ですね。

疑わしい場合は、いま契約しているガス会社に電話して、直接確認してみるといいでしょう。

 

季節が変わった


もうひとつの要因は、季節の移り変わりです。

気温の変化といってもいいですが、冬になって、つまり12月とか1月とかになって、急にガス代が高くなったと感じたということはないでしょうか。

もしそうだったのであれば、この場合の要因は単価ではなく「使用量」です。

 

季節が変わって寒くなってきますと、当然、水の温度も下がります。

蛇口をひねった時に出る水の温度が、夏場は25℃くらいだったのに、それが冬になったら10℃とか、あるいはもっと下がるかもしれない。水道管が凍結することもありますしね。

 

ここでちょっとイメージしていただきたいのですが、同じ40℃のお湯を作るのに、10℃からスタートするのと、25℃からのスタート、どっちがたくさんガスを使うとおもいますか?

どう考えても10℃の方がたくさんの熱量を必要としますよね。それだけガスをいっぱい使わないとお湯を沸かせないわけです。

ですから、冬になったら急にガス代が高くなったという場合は、単純に使用量が増えた可能性が高いです。

 

ガスを使ってないのに請求された


あと補足として、先月はガスを使っていないはずなのに請求書が届いた、というようなケースを見てみましょう。

1回も使ってないはずなのにガス代を請求されたら、なんでよ? となると思いますが、このパターンで多いのは「基本料金を見逃している」というケースです。

上のガス代の計算式、右辺の一番左にあるものですね。

 

この基本料金というのは、使用量にかかわらず、ガスを使っても使わなくても、必ずかかる料金です。たとえ使用量がゼロだとしても、基本料金は請求されます。

ここを見逃してしまっているかも知れません。

ですから例えば、しばらくの間ガスを使わないとか、数か月のあいだ家を留守にするといったとき、基本料金を払いたくないのであれば、いったんガスを閉栓してもらう必要があります。

開栓閉栓には手数料がかかることもあるので、そのあたりは契約しているガス屋さんに確認してみてください。

 

 

ガス代が異常に高いのは、単価が高いか、使い過ぎ

というわけで、プロパンガス、そんなに使ってないのに、なんかガス代が異常に高いんだけど。という状況について、見てきました。

ガス料金を構成する要素はシンプルです。

「従量単価 × 使用量」、単価が高いか、使いすぎか、言ってしまえばここだけ。

 

ガス漏れみたいな異常事態を除いて、そういくつも要因があるわけではありません。

ガス代が高いと感じるようになった時期など、タイミングも併せて、原因を探ってみてください。

 

-プロパンガスの料金について

© 2021 GASUMO(ガスモ)